展示後記:kaorikidの作品

展示後記:kaorikidの作品

kaorikidです!個人的な仕事が立て込んでしまって、更新が遅れました、すみません。
こちらが最後の展示後記になります!

kaorikidの作品コンセプト:大人に贈るおとぎ話

私は小さい頃からアニメーションやイラストレーションに触れて育った影響で、作るものも自然とイラスト、アニメ作品が多くなっていました。映画や小説のようなエンタメの世界は自分にない考え方、視点を取り入れることができるので、今でも大好きです。
そして、自分の作品も誰かにとって何かを振り返ったり、気持ちを整理したりすることのできるものになればと考えて制作しています。

私の展示は壁の反面と、入ってすぐの場所を使って行いました。
左側がイラスト作品、右側がアニメ・絵コンテ、コンセプトシートなどの展示になっています。

白く長い布の作品は、アニメーション「あの日は鮮やかな白」の作品ショットをプリントしています。

展示したイラストは昨年2022年2月ごろに描き溜めていた絵日記から抜粋して制作しました。
※こちらのイラストは、販売中の自主制作冊子に収録しています。
【自主制作冊子】Short Diary self-abhorrence,self-affirmation | kaorikid’s Shop

右側には小さなモニターを設置して、アニメーションの展示を行いました。周りにあるシートは今回展示するにあたって、過去のコンセプトシートなどを引っ張り出してきました。

自主制作アニメのStaticeの予告編も、この展示で初公開されました!
※現在YouTube、niconico動画上で確認することができます。

YouTube▶︎https://youtu.be/yG8_EjdwZcw
niconico▶︎https://nicovideo.jp/watch/sm42947655

本編の公開は2024年を予定しています!

これから

今回の二人展は私にとって、大きな経験になりました!

というのも、今後の目標として、音楽や舞台芸術といった別ジャンルのメンバーと共作したり、共同でのイベント企画を考えていることもあり、今回の展示はそのプレイベントとして練習のつもりで運営しました。
✴︎もちろん、なつめとの初めての共同イベントでもあったので、全力で取り組みました。

同じイラスト分野で活動しているなつめですが、お互いの作品の違いや、そこから見える展示の仕方・方法もさまざまで、一緒に展示運営していくことはかなり勉強になりました。

今後も作品制作だけではなくなつめとの企画や、その他の企画を立てていく予定なので、
今回展示にお越しくださった皆様、お越しになれなかった方も、また足を運んでいただけると嬉しいです。

今後のkaorikidの予定

12/3(日)Artmade 京都国際マンガミュージアム
即売会に参加予定です。
展示で出品していたグッズをこちらでも購入することができます。

2024年春頃 オリジナルアニメーションStatice公開

最新情報は引き続きkaorikidの公式HP、SNS等をご確認ください!
kaorikid リンクまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA